Please upgrade your browser

We take your security very seriously. In order to protect you and our systems, we are making changes to all HSBC websites that means some of the oldest web browser versions will no longer be able to access these sites. Generally, the latest versions of a browser (like Internet Explorer, Google Chrome, Apple Safari, etc.) and an operating system family (like Microsoft Windows, MacOS) have the most up-to-date security features.

If you are seeing this message, we have detected that you are using an older, unsupported browser.  

See how to update your browser

スマートベータ、ファクター投資

スマートベータおよびファクターに基づく運用戦略は、アクティブ運用とパッシブ運用の中間に位置する戦略です。

当社は、グローバル、地域・国別のスマートベータ及びファクター投資戦略をご提供します。

HSBCグローバル・アセット・マネジメントは、長期に亘りお客様と協働し、最高水準かつお客様のニーズに応じたスマートベータ/ファクター戦略を提供してきました。

  • マルチファクター戦略は、複数のファクター(バリュー、クオリティ、低リスク、サイズ、モメンタム)のエクスポージャーをコントロールし、トラッキングエラーを抑制しながら伝統的なインデックスを継続的にアウトパフォームすることを目指します。独自のリスクモデルを活用して、お客様ごとの投資制約(トラッキングエラーやファクター・エクスポージャー、ESGなど)を取り入れた戦略をご提供します
  • エコノミック・スケール・エクイティ(ESE)戦略は、当社独自の戦略です。2012年6月から開始した当戦略は、企業を経済規模で評価することによって、時価総額加重平均指数を上回るリスク調整後リターンを目指します。この手法は当社の定量リサーチ・チームによって考案されました
  • ボラティリティを重視した戦略は、定量分析と定性評価を組み合わせたものです。収益面とバリュエーション面の投資妙味に基づいて企業を評価し、ボラティリティを抑制するためポートフォリオを最適化します。独自のファンダメンタル・リサーチに、ESG分析を統合し、株価変動の特性や収益の持続性を見極めます

マルチファクター株式戦略

当戦略は、バリュー、クオリティ、モメンタム、サイズ、低リスクからなる5つのファクターに基づき設計され、トラッキングエラーを抑えながら時価総額加重平均指数を継続的にアウトパフォームすることを目指します。

投資哲学

ファクター投資は、「プレミアムを持つ銘柄は、リスク調整後リターンにおいて長期的に広範な市場をアウトパフォームする」という考察に基づきます。ファクターのアロケーションにより、投資家は透明かつコスト効率に優れた方法でファクターごとのリターンを獲得できます。またポートフォリオリスクに対する理解を深め、それを管理することが可能になります。

  • 「純粋」なファクターの枠組みは、望ましいファクター・エクスポージャーを最大化し、その他の意図せざるファクター・エクスポージャーを最小化します
  • マルチファクターのアプローチは、トラッキングエラーを抑えリスクを管理しながら、戦略的かつ戦術的に望ましいファクター・エクスポージャーを取り、お客様のニーズに応じてカスタマイズされます

投資プロセス

重要な要素は、定量分析に基づく銘柄選択、強固なポートフォリオ構築、そしてリスク管理を統合した一貫性のあるアプローチです。

  • ボトムアップ・アプローチは、銘柄ごとのファクター・スコアを統合します
  • ポートフォリオ構築プロセスは、透明かつ一貫した手法で指標(シグナル)におけるアルファのエクスポージャーを最適化します
  • 報われないリスクを回避するために、セクター、国、ファクターに対して厳格な組入上限を設けます

HSBCの強み

  • 純粋なファクター投資の枠組みによって、意図せざるリスクを最小化し、ファクター間の低相関を実現します
  • 各ファクターをゼロから設計します。評価基準とファンダメンタルデータは、過去数十年間のファクター投資の実践経験に基づいて慎重に選択されています
  • 当戦略の投資アプローチは、お客様のニーズに応じたカスタマイズのポートフォリオに容易に適用することが可能です
  • 強固な実務能力と高い投資技術、リスクモデルのインフラを有しています
  • グローバル・マルチファクター戦略には、10年以上の長期的かつ安定的なトラックレコードがあります

ファンダメンタル戦略 ― エコノミック・スケール・エクイティ(ESE)

株式のベータを取り、伝統的なインデックスを上回るリスク調整後リターンの獲得を目指します。

投資哲学

  • 時価総額加重平均指数は非効率になることがあり、また株価はフェアバリューからかい離する可能性があります
  • 企業の経済活動を、国民総所得(GNP)への寄与度あるいは「付加価値」といった尺度でウエイト付けすると、株価との関連性が低く安定的なウエイトが導き出されます

投資プロセス

  • 各企業が生み出した「付加価値」を算出します。これは企業におけるアウトプット(売上)とインプット(他企業から購入した財やサービス)の差です
  • 企業のウエイトは、その企業の「付加価値」を全企業の「付加価値」合計で割ることで決定されます
  • 結果的にファクターのエクスポージャーは、概ね緩和されます
  • 流動性のある銘柄のみを投資対象とします
  • 売買回転率を抑えつつ市場のミスプライシングを利用し、システマティックにリバランスを行います

企業の「付加価値」は、株主や債権者、従業員、政府に分配されます。

HSBCの強み

  • 時価総額加重平均指数のウエイトと市場価格を切り離した理論的な投資アプローチは、分散効果が発揮され、市場のノイズによる投資機会を捉えます
  • コスト効率と透明性に優れた独自の投資アプローチを有しています
  • リバランスにより短期的な株式市場のミスプライスを収益化します
  • スタイル・バイアスを制限し、株式アロケーションのコアを構成します
  • 2012年からの優れたトラックレコードを有します

低ボラティリティ戦略

低ベータ、クオリティ、バリューなどのファクターを組み込み、時価総額加重平均指数を上回るリスク調整後リターンを目指します

投資哲学

低ボラティリティ戦略は、時価総額加重平均指数を上回るリスク調整後リターンを生み出すことが可能であり、市場が低迷する局面でもドローダウンを抑え、資産を保全することが期待できます。

投資プロセス

  • 定量分析と定性評価を統合したアプローチを実践します
  • 収益性とバリュエーションに優れた銘柄を特定しランク付けします
  • 上位4分の1の銘柄群に最小分散による最適化を実行し、低ボラティリティ・ポートフォリオを構築します
  • 低ボラティリティ・ポートフォリオは、絶対的リスクを抑えるために、他銘柄との相関がより低くくボラティリティの高い銘柄を一部組み入れます
  • ファンダメンタル・リサーチは、銘柄のボラティリティの見通しと収益の持続性を重視します

HSBCの強み

  • 当社のファンダメンタル・リサーチは、規律ある枠組みの中で付加価値を創出し、偽の指標(シグナル)を排除することができます。これは純粋なパッシブ運用や定量分析とは異なるものです
  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)分析を統合し、各銘柄のボラティリティの特徴や収益の持続性を判断します
  • 当社の投資プロセスは、伝統的な低ボラティリティ戦略とは一線を画すものです。まず収益性とバリュエーションに優れた銘柄を選択し、ボラティリティを抑制するために最適化を行います。これにより取引集中の回避、セクターの分散、金利感応度の低減が図られ、分散効果が期待できます