ブラウザをアップデートしてください。

当社は、お客様のセキュリティを重視しています。お客様および当社のシステムを保護するために、一部の古いバージョンのウェブブラウザではサイトにアクセスできないようにHSBCのすべてのウェブサイトを変更しています。一般的には、最新のブラウザのバージョン(Edge、Chrome、Safariなど)およびオペレーティングシステム(Microsoft Windows、MacOSなど)は、最新のセキュリティを備えています。

サポートされていない古いブラウザの使用を検出した場合に、このメッセージが表示されています。

ブラウザのアップデート方法はこちらをご確認ください。

Chromeのアップデート方法(Google Chromeホームページ)

Microsoft Edgeのアップデート方法(Microsoft ホームページ)

Safariのアップデート方法(Apple ホームページ)

HSBCグループについて

HSBCとその事業内容

  • HSBCは、母体である香港上海銀行の略称(The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited)に由来しており、150年を超える長い歴史を持ちます。
  • HSBCグループの持株会社であるHSBCホールディングスplcは英国・ロンドンに本部を置いています。
  • ヨーロッパ、アジア・太平洋、南北アメリカ、中東、北アフリカにまたがる64の国と地域でお客さまにサービスを提供し、2兆7,150億米ドル(2019年12月末現在)の総資産を持つ、世界有数の金融グループです。

日本におけるHSBC

  • 日本での活動は、明治維新直前の1866年(慶応2年)に横浜支店を開設したことに始まり、国際的な金融機関として日本の近代化に貢献してきました。
  • 1880年代には、大阪造幣局で大規模な金銀通貨造幣に協力、通貨制度の整備についての助言も行ないました。
  • 20世紀初頭には、多くの大型融資に参画し、鉄道や水道、港湾などインフラの建設資金として使われるなど、日本の近代化に貢献してきました。
  • 現在は、香港上海銀行、HSBC証券会社、HSBCアセットマネジメント株式会社が国際的なネットワークを通じ、日本のお客様にクロスボーダーでの金融サービスを提供しています。